副業バイトを辞職する

この度は、副業バイトを辞職することにしました。

 

1、物凄い臭い共用の作業靴

15分の休憩から帰ってきて戻ってみると、さっきまで履いていた作業靴が取られていて、見るからに怪しいデカくて臭そうな作業靴しかなかった。

以下、イメージ図(これの汚いバージョン)

作業靴

恐る恐る履いてみると…

びちゃっ!

ヌルヌルとした不愉快な感触が靴下を貫通。

恐る恐るその靴下の臭いを嗅いでみると

アアアアアっ

足がアアアアアっ!

ナニモノにも形容しがたい恐ろしい臭いが足に浸透してしまったようだ。

これが、万が一スニーカーにも移ったら、スニーカーを買い換えなくてはならないので、今日の日給の半分はパァとなる。

靴下は現場を出て速攻で処分した。

 

2、手取りは税抜き価格になります

女「封筒の中に7750円分入っているので、確認してください。」

会田「6750円しかないので、1000円下さい。」

女「税金を徴収したので、6750円になります。」

会田「…」

女「…」

会田「解りました。ありがとうございました。」

まさかの、謎の税金徴収www

しかも、1000円も何に徴収したんですか。

いや、まぁ、1000円くらい普段ならどうでもいい額なんだけど、フルタイムで働いて6750円で、しかもメインと違って健康保険もなければ、厚生年金もなければ、住民税もなし。おまけに交通費もなし。

それなのに、この税金の徴収量…

仮に20回だったら、20000円。

自分はちょっとお試しで来てみただけだからいいけど、これで生計立ててる人、死んじゃうじゃん。

自分はもう二度と行かないからいいけれど、これで生計立ててる人もいるような話だから、こんなんが存在してるこの糞みたいな社会に腹が立った。