あいの土山マラソン 序盤戦

三重県から滋賀県への移動に関して

「滋賀県は案外近いよ?」

「なんか遠そうなイメージがあるけど」

「大阪より近いって」

「うーん。そうなのか…」

女のアドバイスがありながらも、ずっと滋賀県は避けてきたが、今回初めて滋賀県へ行ってみた。

大阪や兵庫はよく行くが、静岡と滋賀は実は一度も行っていなかった。

滋賀県を避けてきたのは、大阪方面へ行くのに慣れすぎて、

時刻を調べなくても感覚で三重から大阪へ移動できるレベルになっていたので、大阪行きがある意味楽だったのもある。

元は北海道に住んでいたため、土地勘があまり解っていなかったが、よくよく調べて見ると、亀山から無料送迎バスまである。

実際に行ってみても、三重県の人はみんな揖斐川揖斐川言うが、体感的にも揖斐川の方が遠く、大阪や静岡の方がかなり遠いレベルだった。

近いからといって油断

アパート近くの駅にて、間に合うか、間に合わないかギリギリの電車に乗り込んだ。

その後、途中で普通電車から急行電車の乗り換えがあって、目の前に特急が居たが、

「ん?」

何となく直感でこれに乗らないとヤバい気がして、路線サービスアプリを再確認すると、特急乗換えと書いてある。

「マテマテマテ~」

と閉まる直前の特急にギリギリで乗り込んだのだった。

初の亀山駅へ

亀山駅

それからは、すんなり亀山駅へと着いた。

思えば亀山駅に下車したのも初めてだった。

駅周辺は寂れていたが、少し歩けばそれなりに市の中心としての機能はある印象だ。

関連記事