隣人トラブルの停戦と冷戦の開幕

静寂に包まれたアパート

上の階に帰宅した音は聞こえたが、不気味なほどの静寂に包まれた。

朝鮮人か中国人と断定していたが、日本人の可能性も高い。

朝鮮人や中国人はこちらがブチ切れると、更に酷い音量で楽器等を掻き鳴らしてくるが、全く正反対の反応だ。

これほどまでに静まり返っていると、僅かな物音ですら、響く。

 

音を出した方が負けの冷戦なのか

自分もかなりのブチ切れだったので、傍から見れば現段階ではどちらが悪者かは五分と五分。

次に大きな物音を出した方が悪者、即ち負けと言ったところ。

まるで、テスト中に鳴ってしまったオナラ音のように、少しの物音が命取りの静けさ。

クシャミ、アクビもそう簡単には出来ない。

オナる時のヌチャ音、お腹のギュルル音も筒抜けだ。

このような対応をされてしまうと、こちらもアパート内に於いては閉じた貝のように、動きのない活動をせざるを得ない。

関連記事