この糞不味い味噌チャーシュー麺。ないわ…

仕事帰りに、職場近くのラーメン屋へ

職場帰りの外食としては、最も近い。

存在は知っていたが、なんか俺の中の第六感が怪しいと言っていたので、五年間避けてきたが。

もしも、そこそこ美味しかったら、直帰で帰宅ランするときには安定の行動パターンになる。

百聞は一見にしかずともいうので、勇気を出して入ってみた。

 

ラーメン注文へと駒を進める

期待に胸を膨らませ店内へと、足を進める。

ちょっとよく分からなかったが、明日は仕事が休みでガッツリ肉を食べたい気分だったので、

味噌チャーシュー麺を注文

値段は…ちょっと恥ずかしくて書けないが…

さておき、店員は一人の模様。

人件費よっぽど削ってるのか、というか大丈夫なのか。

駄目な気がしてきた。

そして…

ラーメンが目の前に現れた

この時点では、普通レベルの外観。

だが…

何なのこのペランペランのチャーシューは…

スープの中に入ってるとカモフラージュされているが、現実は苛烈なもの。

薄い

小さい

脂っぽい

これで900円とかないわ。

勘弁してくれよ。

だが、頼んだ以上は食べるしかない

うう…

う。ううッ(泣)

関連記事

トップページへ移動⇨

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く