年末なのに不味いカツ丼 節約の病か

掲示板に書く/見る 2018-12-29

大掃除?をしていたら、副業バイトへ向かう足取りが遅れてしまう。

その後、昼過ぎからボチボチと10キロほどランニングしながら、副業バイト先へ向かうが、

空腹に耐えかねて、目的地より手前で昼食を取ることに。

 

値段的に考えてカツ丼を選択

しかし、ここは節制ではなく、パーッとしたチョイスをするべきだった。

もはやこれは、節約の病かもしれない。

あいた氏はかなりの重症であると言えそう。

カツ丼

 

やっぱり美味しくなかった

これは、350円のカツ丼だが、

うーん…。味付けと卵はいいんだけど、

肉が美味しくない。さてはこれは、アメリカ産の肉だな。

豚の白身がウニャウニャウネウネとした味わいで、衣もクニャッとしている。

あんまり美味しくない肉を食べてると、脚力がまた低下してしまいそうだ。

 

空腹を我慢してでも唐揚げ定食の店へ行くべきだった。

これでは、副業バイトを頑張る気力が出ないかもしれない。

心なしか腹痛な気がしてきて、ちょっと苦しい。


【前の記事】

【次の記事】

コメントを残す


PVアクセスランキング にほんブログ村