2019-07-15 コメント板 »

便座節電で電気料金1000円台

電気料金が前年同期より500円ほど安くなった。

冬場は更に安くなりそう。

電気代

自分のアパートは割と設備の新しい方で、温水、保温便座か完備されているが、温水、保温便座の使用が電気代の高くなる要因だったらしい。

年間料金

貯湯式…3,650~4,940円⇒月々304~412円
瞬間式…1,570~3,320円⇒月々131~277円

と、どこかから拾ってきた。

夏場でもそこそこ安くなっているから、冬場はかなり差が付きそうだ。



対策1 便座の蓋を毎回する

蓋をすることにより、保温のための熱力を抑えるらしい。

だがしかし、自分のアパートの便座には蓋が無かった。

対策2 設定を弱にする

頭が悪いので設定の仕方がわからなかった。

あいた流の対策 コンセントをぶち抜く

思考停止のぶっこぬきを実施した。

温水便座や、保温機能の意味ないじゃんという感じだ。

文字通り何も機能しなくなるわけだが、ひんやりと冷えた便座というのも、ある意味冬の風物詩なのではないかと思う。

前の記事

次の記事

あいたブログ注目記事

コメントを残す