2019-07-28 コメント板 »

貯金1000万~2000万の必要性

最早、生活がどうとかの問題ではない。

自分は、現在進行系で一つのことに集中しすぎない生き方を選択しており、

幾つかの世界、というよりかはすべての世界において、何かの道一つでみてそんなに成功はしていない。

その中で、仕事で年収を可哀想に言ってくる声や、ネットに成功者が映し出されるが、

 

そのすべてが煩わしい。

うざい。

耳を塞いでもじいさん連中は言ってくるし、目を塞いでもニュースの見出しが目にとまる。




そんな煩わしいものに対して、

下から見上げて一喜一憂しているようでは到底駄目で、

上から見下ろして微動だにしない精神にならなければいけないんだと思う。

 

声から解放されるための最低限の所持物

「私は〇〇で成功し〇〇になりました」の声に、何の嫉妬心も感じない最低限の所持物が、

貯金1000~2000万だと思う。

貯金150万では、「声」に抗うのは無理だ。

厳しい要素

大学出てからほぼ独り暮らしや二人暮らしをしてきたのが厳しい要素で、

たまにブロガには貯金1000万で、普通に働いてる状態で40代の実家暮らし男性も大勢いるようだが、

自分も独り暮らしではなく、実家暮らしだったら、貯金1000万はあった計算になるので、

そう考えると、この目標の一つが阿呆らしいというか、複雑なのもある。

 

それでも、「声」に抗うためには、早くケリをつけなければならない問題の一つではある。

前の記事

次の記事

あいたブログ注目記事

コメントを残す