2019-09-12 掲示板»

デート続編。キミドリのシャツと、キミドリのカマキリの、悲しい運命

キミドリティーシャツの運命

ティーシャツ

「ふっふっふーん。どう?鮮やかな色合いで格好いいでしょ?」

キミドリの服

「色がケニヤの国旗みたい。目がチカチカする。具合悪くなる。嫌いです。」

「だそうです。あなたは処分させて頂きます。」

ティーシャツ

「そっ。そんなぁ…(泣)」



キミドリカマキリの運命

カマキリ

「あいたさん。あなたのことが好きです。愛しています。どうか、私を部屋に入れてください。」

カマキリ

あいた

「寝ている時に顔の上で暴れられると恐いから嫌です。申し訳ないけど、草むらか森に帰ってください。」

カマキリ

「そっ。そんなぁ…(泣)」

門の前で立ち尽くしたカマキリは、口を開けたまま絶命したのだった。

1つ前

あいたブログ

1つ先

コメントを残す