タイトルの通り、

 収入増 生活力低下

 収入減 生活力上昇

こうなってきている。

ハート 崩れる

 

まとめ

昔はお小遣い制度なんていうものがあった。

男が稼いだお金を、女が管理するという、昭和時代の生活手法だ。

しかし、零和時代においては、男が節約術を覚え女が稼げるようになってしまった。

これでは…。

男にとっては、折角稼いだ僅かなお金を生活力のない女達に管理させるのは危なく

女にとっては、自分でも稼げるような男達の低賃金を管理するのはつまらない

という、双方にメリットのない状態が発生してしまう。

 

収入の問題

リアルでは、女の人がバリバリ正社員で、ドカタや駅員といった、昔は男しかいない職業に就いてもいるようだ。

一方で、男の人はというと、椅子取りゲームに負けたり、何となくそういう流れで非正規の椅子に座っているケースが多々ある。

これは男女雇用機会均等法の成功とは言えるが、女は、女の給料以上を男に求める風潮があるので、女の給料が高いと男にとって結婚のハードルはかなり高くなってしまうだろう。

 

生活力の問題

ブログを見て思ったことなので、データに偏りがあるかもしれないが、

ありがちなのは、手取り18万程度男手取り23万程度女の独り暮らしブログ。

男達は地道に貯めて(更に株やアフィリに手を付け)貯金数百万女達は何故か生活が苦しくて貯金ゼロw

稼ぐ女のご利用の内訳を見ると、クレジットカードや、コスメやらでかなり使うようだ。

一方で、男でも、非正規クラスの独り暮らしなら、自炊、洗濯は当然のようにこなせてしまう。

それでも、婚活界隈での男の価値は、家事能力ではなくワンワークの年収という考えが未だ根強い。


あいたブログ関連記事

キミドリの服[←Prev]デート続編。キミドリのシャツと、キミドリのカマキリの、悲しい運命「9/12」
PVカウンター
SEO対策は意味ないと思う「9/12」[Next→]
PVアクセスランキング にほんブログ村
HOME恋愛 予定 記録

コメントを残す