ホームWEBお金
2020/12/14

入賞と貯金の時系列記録 作成

自分のために、TOPページの一番上に作った。

入賞 時系列記録

貯金 時系列記録

簡易に書き出すと・・・

気になるのは、給料が入った直後の数値なので2015年以前は(貯金を取組みとしていなかったのとウルトラマラソンをしていた影響が強く)貯金がほぼ0なのと、

2005年の入賞回数が0回というところ。2011年~2013年の入賞を細かく見ると、某ゲーム大会の水増しが多すぎるが、ここ(2020年の末)にきて、貯金365入賞365は一旦自分を許せそうになった数字なので、水増しも意味のある数字だったのかなと思う。

入賞記録時系列(簡易)

2020年 13回(累計365回)(予想)
2019年 20回(累計352回)
2018年 17回(累計332回)
2017年 16回(累計315回)
2016年 16回(累計299回)
2015年 21回(累計283回)
2014年 42回(累計262回)
2013年 41回(累計220回)
2012年 42回(累計179回)
2011年 57回(累計137回)
2010年 30回(累計80回)
2009年 11回(累計50回)
2008年 7回(累計39回)
2007年 21回(累計32回)
2006年 1回(累計11回)
2005年 0回
2004年 1回(累計10回)
2003年 1回(累計9回)
2002年 8回(累計8回)

貯金記録時系列(簡易)

2020年12月 3720000円(予想)
2019年12月 2123000円
2018年12月 1131000円
2017年12月 680000円
2016年12月 495000円
2015年12月 243000円
2014年11月 254000円
以前のデータなし

大会の歴史は深く、貯金の歴史は浅い。ブログに至ってはこの前記録が崩壊して発狂したが・・・。

これからは、どれかに比重を置きすぎず、全体的にバランス良く抑えれるようにしたい。