ホームお金
2021/1/10

再び、お金使わないコロナ禍時代に突入してしまうのか…

株を引退して、マラソンと写真コンテストとフォトコンテストにそれなりのお金を使ってきた1カ月だったが・・・

昨日あたりから緊急事態宣言の話をよく目にするようになってから状況が変わってきた。

東京だけでなく、福岡や大阪の大会も中止が目に入ってくるようになり・・・

遂に自分の遠征先である愛知も中止になりそうな予感

イベントが中止になるならお金の使い道がない

何をやっても裏目に出る

これから中止のオンパレードになるなら、大会のために立ち上げてきた努力が水の泡になってしまう。

最近は、何をやっても、とことん裏目に出るというか・・・ついてない。

神様が後ろにいて、自分が歩き始めた後から落とし穴を仕掛けられてるかのような。

唯一感が当たったのは、”ウルトラマラソンが今しかできない”と思って、コロナ前(2014~2015年)に沢山ウルトラマラソンの大会に出れたこと(昔の事)か・・・。

お金だけが溢れる予感

緊急事態宣言になり大会中止ともなれば、大会の参加費や交通費がかからなくなるので、またお金を使わなくなりそう。

自分はコロナ禍の間に貯金が2倍くらいになったが、株で30万しか勝てなかったため株はあまり関係なく・・・

お金が貯まった理由は、マラソン大会が無かったことが最も大きい。

しかし、株から一度離れた時に、大会志向に戻って、今現状は大会を重視しているので、

お金が貯まることよりも、大会が無くなる方がキツい。

入賞数=貯金にして、入賞数を先に上げていくモットーなのに、大会が無ければ入賞が出来ない。

昨日書いた記事と内容はほぼ同じだなw