ホームバイト
2021/1/17

コロナ(緊急事態宣言)でスーパーのレジバイト辞める人多数

ダブルワークでスーパーのレジ(夜)をしているが…

1ヶ月ほど前から、スーパーのレジを辞めてく人が多過ぎて、かなり忙しくなってる。

当たり前かもしれないけど、緊急事態宣言が発令されて、更に働き手が減ってきた。

(ネットを見てると、スーパー以外でも今は仕事辞めてく人は多い印象…)

1、給料が上がらない

コロナで危険な現場作業をしてるのに、スーパーやコンビニの時給は変わらず。安全な普段よりは割が悪い。

テレワークとか言って安全地帯に避難してる上級国民より危険なんだから、コンビニの人達とかにも国が支援して現場手当とか出してあげればいいのにと思う。

2、人手不足の忙しさ

忙しくて危ないから、みんな辞める。みんな辞めるから、忙しい。この悪循環。

まぁ、客観的に考えて、今(非常事態宣言)の時に、やり始めたい人はいないと思う。

元々いる人達が我慢してるから、世の中が成り立ってる。

3、飲食店時短のしわ寄せ

人間食べ物は食べるから、飲食店の時短や倒産の影響で、飲食店にいくはずだった客が、みんなスーパーにくる。

飲食店が暇になるから、スーパーやコンビニが忙しくなる。

しかし、みんな辞めて人手が足りないから、より忙しい。