ホームニュース
2021/1/20

コロナワクチンの死亡事例?と株とアビガン回想と健康対策

コロナがどれだけ酷くなっていくかは、株を辞めてからもウオッチはしている。

”ダブルインバース”という株を12月に買って大損して引退したが、買った理由の大部分を占めているのが、

治療薬アビガンと、コロナワクチンが駄目そうなのが読めてしまったためでもある。

(逆に株を始めた原因が、4月にアビガンやワクチンに期待したためだった)

もし、想定通りアビガンが成功してたなら、アビガンの株は凄まじいことになってたでしょうね。

アビガンとワクチンの陰りと株

その後、アビガンの承認見送り(失敗)は自分の予想通りになるも、

治療薬の失敗を無視して、日本株は上昇し続け・・・

更に、現在はコロナワクチンの副作用が原因で死者が出てるのでは?というニュースをちらほら目にするようになってきたが、それも無視されてる様子。

日本はコロナワクチンが強制でないのは、個人的に副作用怖い派なので、打たなくて済むのはリアルには救いではあるが、

恐らく株としては、コロナワクチンの失敗も無視して上昇してそうだ・・・無茶苦茶過ぎてどうにもならなんな。

薬やワクチンより、運動・睡眠・食事で免疫力を高めた方が・・・

2020年5月、2020年8月と株に熱中していた頃は、不眠症で運動もしなく食事も無茶苦茶で、たまに鼻水の症状が酷く自分が感染したんじゃないか?と思っていた時期もあったが、

今回2021年1月、株を引退して身体を動かすようになって睡眠を取るようになってからは、風邪らしい症状の気配は一切なく頗る元気だ。

潔癖やディスタンスよりも、健康な食事、健康な睡眠、健康な運動がコロナやインフルに罹らない一番の対策な気がする。

今後、株をするとすれば?

今までは貯金を全額株に投資するやり方だったが、

次回することがあれば、30代の貯金平均である359万or個人の入賞数と同数(現在366万)と、20万前後の生活余剰金を現金で確保した上の、余りですることはあるかもしれない。全額投資はもう二度とやらないでしょうね。

(現在は株の口座は空にしてあり、全て現金で所持している状態。)

(株を)することがあるかもしれないというのは、自分の中で”もし〇〇が成功したら〇〇は超絶的に凄いことになるんじゃ・・・”みたいな出来事が起こればの話で、今何の論理も夢も語れない状況下では、株をしようとは思えない。