ホーム>2021/6/21

日経平均1000円下落でも28000は超絶高値圏である理由

本日、アメリカ株の下落を受け、日経平均が日中で1000円下落した。

とはいえ、日経平均は未だに28000もあり、1年チャートではなく、10年チャートで見れば異常な高値圏にあるということが解る。

コロナ前の23000、コロナショックの16000、氷河期世代就職難2010年の10000と比べたら、世界的にはコロナ禍の最中なのに28000越えのこの株価は普通に考えて超絶高値圏であると言える。

○○新聞や○○経済のアホが、バブルでない普通の株高だから高値圏でないとか言ってるが…

実体経済の伴っていた好景気バブルの時と違って、実体経済の伴っていない不況コロナバブル?の方が遥かにヤバいということが、何故解らないのか?それとも、解ってて騙して弄んでいるのか?酷い奴等だなと思う。

ホーム
スポンサーリンク

関連記事(新着)

今日(11/26)の株とビットコイン下落原因はコロナ変異株じゃなく雇用保険増税の方だと思う 2021/11/26 国会 株下落 増税株は5%増税になりそうな雰囲気 2021/10/8 株は二度とやらないかもしれない 2021/10/1 パチンコの損失9月の貯金計画と(アメリカ問題で)株が暴落した場合の計画 2021/8/28

コメント(新着)

一生このままでいても意味ないさ 変わっていくしかないのならば 変われるから(11/29 21時かつお視線は落とさない 動画より (11/29 21時かつおスマホをみるときは、下をみず なるべく上にする 動画より(11/29 21時かつお小さいハコのうちにいきたい(11/29 20時かつお
ホーム次のコメント
スポンサーリンク