トップページお金/生活

バイト退職して年収300万割れした後の貯金計画

2021/11/3

副業バイトを退職して本業のみにした場合、年収は315万から270万にダウンする。

月収入は35000円前後ダウンすることになってしまう。

バイト退職の収入ダウンを少しでも補填できる方法を考えてみた。

+35000円にするのは厳しいが、色々と手を尽くせばバイト以外の手段で少しでも補うことは可能かなと思う。

1、交通費削減(+3500)

副業バイトは交通費が出ない。(本業は交通費が出る)

副業バイトに通う時、月9回で約3500円自費で負担していて、それがなくなるので3500円節約できる。

平日は本業の仕事の途中にあるので600円負担するところを350円負担していて、日曜はマラソンがある場合とない場合で違ってくるが、400円前後負担している。

2、住民税などが減る(+3000+α)

年収が減るので、ちゃんと処理されれば税金も減るはず。

しかし、本年度の住民税などの決定は前年度の3~5月の収入で計算されるせいで、税金が減るタイミングは自分の場合は1年半後くらい先になるのは痛いところ。

3、ブログ収入アップ(+1000+α)

最近、配置を変更したり、グーグルでの仕様変更があったり、(日本では)コロナが終息した雰囲気になっていて、ブログ収入は今は好調。(アクセス数が同じくらいでも単価が高い)

しかも、副業バイトをしている時は、バイトの精神ダメージと忙しさで、書きたいことがあってもブログ書く暇がなかった。

単価は上がったし、バイト辞めてブログも書ける時間が増えて安定して更新できるようになると、それなりのブログ収入アップが望める。

3カ月前は月500円くらいだったのが、良かった頃の月4000円くらいまで回復しそうな雰囲気。

4、ポイントサイト登録(+100+α)

例えば、中部電力のポイントサイトへの登録。

カテエネ 300ポイント

何故、今まで出来なかったのかというと、やはりバイトをしててダブルワークがきつかったせいで、バイトと大会参加だけで精一杯でポイントサイトなんてのんびりやってる余裕がなかった。

登録してアンケートに答えただけで300ポイント(WAONに換金して)300WAONゲットできた。

しかもこれからは、毎月電気代の支払いがある度にポイントが増えてく。

トップページお金/生活