三木防災公園リレーマラソン 6時間個人 6位【入賞-329】

順位

6位

距離

50.8km

三木防災公園リレーマラソン6時間

開会式での注意事項

6時間以降の一周分はカウントしない。

従来は6時間といいつつも6時間15分程度の時間走だったが、5時間45分程度の時間走になる。

恐らく、最後の一周に時間かかり過ぎる人がいて、表彰式や記録証発行が遅れるのが問題になったのだと思われる。

最初は従来ルールを知らなく、6時間前に競技完了してしまい、他の人達はまだ競技続行してて、僅差の2位の人に最後で抜かれたことになってしまい1位を逃した大会もあった。

スタート~2時間

移動で四苦八苦したがために、朝御飯と昼御飯を食べそびれたのが最大の失態。

三木防災公園には食事の施設も売店も一切ないため、給水エイドで支給されるポカリスエットと飴で糖分を得るしかない。

スタート直前から1時間は、顔と心が青ざめてはいたものの、空腹でどうしょうもない程ではなかった。

後半になるほど空腹が厳しくなるのは目に見えていたため、前半で距離を稼ぐしかないと思い、前半はそこそそ速いペースでいった。

2時間~4時間

ペースが急激に落ちる。

空腹が本格的に厳しくなり始め、2時間の時点で残り4時間がも現場にいるのは無理だと思い、棄権が過ぎったが、現時点で5位だったためここで耐えなければ男が廃ると思い競技続行。

すると、暫くして天からの恵みなのか、エイドにポテトチップスが置かれた

センズのようなポテトチップスを一周おきに一人で10~15チップスほど掴みとりボリボリと食べながらの歩行。

ポテトチップスのおかげで血色が戻ってきたので、棄権する理由はなくなってしまった。

4時間~

ここで順位確認とロッカーに小銭を取りにいった。

小銭を取りに行ったのは、道端にあるアイスクリームの自販機でアイスクリームを食べたかったためだけれど、もっと早くアイスクリームにこぎつくべきだった。

順位の方は、何とか6位にはいた。

4時間経過も、お腹のことを気にしすぎてたり、靴とか脚とかがイマイチだったため、全然進んでいなく、距離はどう頑張っても50キロちょいにするのが限界と言ったところ。

しかし、7位8位とは僅差で危なかったため、もうエイドで休むのは辞めて、アイスクリーム休憩以外では止まらないことを密かに決心した。

終盤~力尽きる

4~5時間は7位8位に抜かれないがために必死に頑張ったけれど、5~6時間はもう駄目だった。

5~6時間も、4~5時間並に進めれば、50キロ後半くらいは行けそうだったものの、何と5時間20分~6時間で2.2キロしか進まなかったわけだがw

最後の一個前の一周回2.2kmで25分近くかかってしまい、最終回の一周が残り15分になってしまい周回を断念。

普通の状態なら、2.2キロは15分もあれば誰でも走れるけれど、今のボロボロの状態ではどう考えても無理と判断。

7位と8位が自分とギリギリだったから、最後40分で2.2キロしか進まなかったのが致命的過ぎてもう駄目かと思っていたけれど、無事6位キープで終われた。

三木防災公園リレーマラソン 景品

競技終了後お食事にありつく

競技終了後、5キロほど歩きスーパーへ到着し、お食事にありつく。

最後に食べてから24時間ぶりのお食事だが、そんなにお腹に入らなかった。

美味い美味いと思いながら食したわけだが2食抜きで50キロ走って食べたのはたったこれだけ。

お弁当

これは、痩せるなと思った。

 

関連記事

トップページへ移動⇦

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く⇦