二人の少女が消失する夢

登場人物

家族1

黒人小学生 男
ヨーロッパ人小学生 女

家族2

母親
日本人小学生 女

 

マスクの紋章と交信する少女

夢の中で、自分自身は日本人少女であり、赤い紋章のついたマスクをしていた。

赤い紋章には生命反応があり、赤い紋章とは言葉のやり取りをしていて、誰よりも価値のある存在だった。

また、黒人少年とはクラスで唯一中が良かった。

母親との決裂

ある日、マスクがボロボロになり破けそうになる。

親にマスクを棄てるしかないと言われ取り上げられそうになった。

泣きながら、このマスクは棄てたら駄目と説得するも、理解してもらえなかった。

 

逃亡先を考える

そこで、赤い紋章を守るために、夜中にマンションを脱走し家出を謀った。

しかし、行く宛は二つしかない。

すぐに底を尽きそうな僅かな残金で一人何とかする。最悪、野山や海で野宿か。

もしくは、中の良かった黒人小学生に匿ってもらうか。

 

ヨーロッパ少女の消失

数日後、黒人小学生男の家で暮らしていた。

ヨーロッパ少女と成り代わり、何食わぬ顔で振る舞っていた。

最近様子がおかしいんじゃないの?と、ヨーロッパ少女の親に指摘されるも、私は何も変わっていないと言い張っていた。

ヨーロッパ少女が何処へ消えたかは定かではない。

 

ヨーロッパ少女の考えられる末路

1、都合の悪い存在だったので殺した、若しくは消した。

2、日本人少女と存在が入れ替わり、日本人少女の家で暮らしている。

関連記事

トップページへ移動⇦

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く⇦