2019-02-05掲示板/ログ Tweet/FB/はてブ

インフルエンザの弱点は紅茶ポリフェノールだった

知人

「あいたくんそんなにミルクティー好きなの?」

 

あいた

「そんなに好きじゃないけどコストパフォーマンスがいいから飲んでる」

 

実際は、仕事場でもアパートでも常にミルクティーを冷蔵庫に保持しているほどミルクティーを飲んでいる。

これが実はインフルエンザ対策にかなり有効だったらしい。

風邪やインフルエンザにかからない時はだいたいミルクティーを飲んでいたが、暫く飲んでいなかったのが失敗だった。

ミルクティー

紅茶のインフルエンザ対策能力

紅茶ポリフェノールには、インフルエンザの菌に耐性があるらしい。

風邪対策として有名なビタミンCは粘膜強化だが、紅茶ポリフェノールはウイルスそのものの対策になるらしい。

※ミルクティーだとミルク中のたんぱく質で対ウイルス性能が若干弱まるとのこと。

 

この拾い画によると、人体に吸着するためのインフルエンザウイルスのスパイクを無効化するのだとか。

紅茶が胃まで行ってしまうと強酸性の胃液とかでどうなるかわからないものの、少なくとも口喉食道辺りのインフルエンザウイルスは一網打尽に出来そう。

紅茶 インフルエンザ

最近、節約とダイエットのために、紅茶からお茶に半分切り替えていたが、今日から暫くはインフルエンザウイルス撃退のために、紅茶を飲みまくろうと思う。

アイスティー

グビッと毎日1.5リットルをゴクゴクとラッパ飲みして、口から食道辺りのインフルエンザウイルスを、胃まで押し流してやろうと思う。

あいたブログ 関連記事

戻る

進む

コメントを残す