2019-05-10掲示板/ログ Tweet/FB/はてブ

ワードプレス 最近のコメント ウィジェット プラグインなし

コメント掲示板はdecent commentというプラグインで実装していた。

しかし、そのプラグインは多機能な代わりにHTML CSSが長文な上、クリティカルチェーンに引っ掛かってしまい、表示速度的にあまり宜しくない模様。

他のプラグインも試したが、表示がごちゃごちゃで修正は厳しいので、ブログテーマに直接組み込むことに。

調べてみると、良さそうなHTMLを発見したが、やはり表示が望むものではなかった。

なので、HTMLを修正して、作りかえた。

 

コメント掲示板 ウィジェット

コメント掲示板

 

まぁ、そのHTMLもまだ余計なタグがそこそこあるので、削りたいところだが、そこまでHTMLに精通してるわけではないので、慎重を要しそう。

 

実装方法

「//最近のコメントウィジェット」から下のタグをコピペしてfunction.phpに貼り付け

※貼り付ける場所に注意

ウィジェットから追加すれば、このブログと同じように実装できる

※一文字でも貼り間違えるとブログが崩壊するので、バックアップなどの準備が必要

 

//最近のコメントウィジェット
class RecentCommentsWidgetItem extends WP_Widget {
function __construct() {
parent::__construct(
‘recent_comments’,
‘function comment’,//ウィジェット名
array(‘description’ => ‘最近の投稿 オリジナル’)
);
}
function widget($args, $instance) {
extract( $args );
?>
<div class=”recent-comments”>
<?php
$comments_args = array(
‘number’ => ’10’, // 取得するコメント数
‘apply_filters’ => ‘100’, //最大文字数
‘status’ => ‘approve’, // 承認済みコメントのみ取得
‘type’ => ‘comment’ // トラックバックとピンバックは除外
);
//クエリの取得
$comments_query = new WP_Comment_Query;
$comments = $comments_query->query( $comments_args );
//コメントループ
if ( $comments ) {
foreach ( $comments as $comment ) {
$url = get_permalink($comment->comment_post_ID);
echo ‘<strong>’;
echo ‘<div class=”recent-comment-author”>’;
comment_date( ‘n/d ‘, $comment->comment_ID);
comment_author($comment->comment_ID);
echo ‘</div>’;
echo ‘</strong>’;
echo ‘<div class=”recent-comment-content”>’;
$my_pre_comment_content = strip_tags($comment->comment_content);
if(mb_strlen($my_pre_comment_content,”UTF-8″) > $str_count) {
$my_comment_content = mb_substr($my_pre_comment_content, 0, $str_count) ; echo $my_comment_content;
} else {
echo $comment->comment_content;
};
echo ‘</div>’;
}
}
?>
</div>
<?php
}
}
add_action(‘widgets_init’, create_function(”, ‘return register_widget(“RecentCommentsWidgetItem”);’));
?>

あいたブログ 関連記事

戻る

進む

コメントを残す