自分は、月11万の年金受給者になるらしい。詳細は前回の記事。

国民年金のみのワープアは 月6万程度

厚生年金もあるワープアは 月11万程度

厚生年金のある高給取りは 月18万程度

が概ねの年金受給額になる。

生活費は幾ら必要か

今の御時世は、一度も独り暮らしをしたことが無い人もいるので、

そういう人はしてみないと幾ら掛かるか解らなく、国のデータを信じるしかないかもしれない。

ここで、病気などを考慮しない、独り暮らしの生活費で現実的に考えてみる。

14万で暮らせる

自分の場合は、仕事の交通費1万、マラソン2~3万込みで14万以内に収まってるので、月14万あれば生活が出来そう

政府のデータでは20万以上必要らしいが、若い頃は14万以内で暮らしてるのに、オジジになった頃に、今より6万豪遊するのは想像が出来ない。

年金による格差

自分は厚生年金に入っているので、年金額が11万くらいの予定。

高給の人は更にその上をいくようだが、20万あるかないかのレベルらしい。

中小企業の変なところや、休職期間が長い人、短時間労働者は、厚生年金がないのが厳しいところ。

国民年金のみだと、どんなに頑張っても6~7万程度にしかならないらしい。

年金11万なら、月14万にするのに、貯金で月3万円分賄えば済むが、

年金7万なら、月14万にするのに、貯金で月7万円分も賄わなければならない。

会社が厚生年金かどうかは、運みたいなところがあると思うが、貯金が2倍必要か半分でいいかはでかい。

月3万、月7万を35年分賄う計算式

月3万を100歳まで賄う人は

3×12×35=1260万

月7万を100歳まで賄う人は

7×12×35=2940万

月3万を90歳まで賄う人(あいた氏)は

3×12×25=900万

月7万を90歳まで賄う人は

7×12×25=2100万

月14万を100歳まで賄う人(年金未加入者は存在するのか?)は

14×12×35=5880万

記事書いてて思ったが、本当に2000万程度必要だったw

あれは、都市伝説というか、政府によるプルジョワ向けの試算かと思ってた。

しかし、現実は一律に2000万必要ではなく、厚生年金があったのか、なかったのかで1000万~3000万のばらつきがあるように思える。

これは年金格差だ

厚生年金入るほど勤務してる人は1000万で済み、

厚生年金入るほど働けなかった人(短時間労働者など)は逆に3000万でも足りないことになるらしい。

自分の場合に置き換える

自分の場合は900~1200万あれば目標達成でもいいかということになり、その気になれば貯金900~1200万は可能ではあるが、

長期休職者や短時間労働者の多い、厚生年金未加入者が2000~3000万貯金するのはまぁ不可能で、厚生年金未加入者は全員生活保護か、制度そのものを見直すしか無さそうではある。

仮に、何かの手違いで、厚生年金ではなく国民年金だったという話の仮定で、3000万の貯金が必要となったら、泡を吹いて倒れるだろう。

コメント記入欄

コメントを残す