最近、伊藤園のお茶2Lや午後の紅茶1.5Lが20円ずつくらい値上がりしてしまい、食費にダメージを受けている。

伊藤園のお茶2Lは、一昔前は120円くらいの時期もあったが、今は安売りもされなくなり150円後半がデフォルトだ。

これは、どうやら水道代が増税したため、製造コストが上がったのではないかと思われる。

伊藤園のお茶2リットル

 

飲料物製造コスト増の原因考察

本来は店内飲食であれば増税により消費税10%となるのだが、お客様から申し出がなければ8%であり、申し出るお客様はいないので実質8%から変わらないことになる。

そうすると、水道代の増税に伴うコスト増分は、消費税ではなく飲料物の原価割増という形で値上がりすることとなる。

 

水道代増は独り暮らしには痛手

現在独り暮らしをしていて、水道代、電気代、ガス代を支払っているが、
水道
昔に比べると(省エネ化?などにより)、電気代、ガス代はあまりかからなくなってきているものの、水道代は単純に高くなってきている印象がある。

電気代、ガス代の増税ならまだしも、この高まった水道代に2%増税されるのは非常に厳しい。

前の

次の

コメントを残す