🏠ホーム

アドセンススマホアプリ廃止理由の謎と手痛さ

2019/11/19

Googleからメールがきていて、アドセンスモバイルアプリケーションを廃止すると書いてあったが、何のアプリケーションなのかさっぱり解らなかった。

メール抜粋

Google の目標は、より迅速に機能拡充を進めて AdSense のモバイル エクスペリエンスを向上させることです。

この目標を達成するためのプロセスの一環として、今後数か月で AdSense モバイル アプリケーションのサポートを終了いたします。

調べて漸く意味が解る

モバイルと文言の間に挟めてあったせいで何を指してるのか解らなかったが、調べによると自分が毎日使ってたアドセンスアプリ廃止のことだった。

アドセンスアプリ

アプリは3秒 サイトは30秒

アドセンスアプリでは、ブログ収入の結果を3秒あれば見ることが出来た。

自分のスマホはやや低速なのもあるが、サイトのアドセンスページは重たく、ブログ収入確認をするロードに10秒くらいかかる。

更には、ネットを開いて、お気に入りからアクセスするのも含めれば30秒はかかってしまうだろう。

30秒も掛かると色々辛い

ちょっと移動や仕事の休憩中に確認しようと思ったら出来ないか、若しくはデート中に確認操作にもたついてしまったら喧嘩の原因になる。

廃止するのは構わないけれど、その前に速度を改善するべきかなと思った。

アドセンスアプリ廃止の謎

今のアドセンスアプリ以上のアプリを出すためなのか、それとも鈍足なネットページの速度で我慢しろということなのかが、この本文では汲み取れない。

もし、我慢しろということなら、Googleプラスの廃止の時のように、人件費の削減とかの問題なんだろうけど、ampで速度改善推ししてるのと真逆な気がしてしまうんだが…。