4月で仕事をどうするかの選択肢

「ここにいても(非正規から)変わるわけない」

とよく言われるが、変えるにしろ変えないにしろ、4月がターニングポイント。
ボーナスが年2回あり、健保厚生年金など有り、安い食堂有りは非正規の中ではマシな方ではあるものの。

1、同僚が4月で一人定年(そして更に…)

しかし、新しい人は雇えない(雇わない)方向性のよう。
少子高齢化による人手不足がじわりじわりと侵食してきている。
4人の仕事を3人でする形になったり、4人の仕事を2人でする形にする場合、今より疲れる可能性が。
まぁ実は、こんな楽ちん仕事なんともありませんな雰囲気を醸し出してはいるが、たまに凄い疲れてる日がある。

2、無期雇用化や労働組合加入で変化する可能性

漸く、無期雇用化まであと100日となった。
働き方改革働き改革言ってる割に、個人的にいや社会的に重要視されている無期雇用化は蔑にされており。
4月から変化させるかさせないかの話が未だにないが、果たしてどうなるか。

 

ここで、自分は毎回、良い方向にいくことばかりを狙っているように思われて、煙たがられるが
そうではないし、変わらなかったら変わらなかったで別にいい。
まぁ、それは勿論、世の中の変化に乗じて変わってくれれば楽ではある。

 

具体的にいうと、5通りくらい選択肢がある。

1、仕事がきつくなって給与はそのままでも今の場所に残る

1-1、完全現状維持。

公募・大会などを優先するため現状を維持する。

ホームページ(ブログとは違うタイプ)の作成を実施して広告収入今の2倍を狙う、
もしくは、フォトコンテストやアイデアコンテストの最優秀賞を狙う。
車持ってなくても通えて、日曜休みが確保されている仕事は今日日なかなか少ないと思うし。
生活に困っているわけではなく、既に自分一人なら最大限の贅沢をしているし、どうするかというのは(仕事だけで)貯蓄を増やすのが難しいというだけ。

1-2、現状維持しつつ副業バイトを始める。

公募・大会などを優先しつつ副業バイトを行う

個人的には同一労働同一賃金ではなく、無期雇用化の時が待遇が変わるか変わらないかの読み時なので、ここで駄目なら、駄目なら駄目で強気に副業バイトを始められる。
クビにされても、無期雇用化でも変わらないと分かれば、選択肢は色々あるから困らない。

2、仕事がきつくなって給与がそのままなら今の場所に残らない

2-1、誘いのある(子会社)などに引き抜かれる。

実は「うちのとこで正社員でどう?」みたいに言われたりもしているので、そちらに引き抜かれる選択肢。
ただ、自分は「無期雇用化や同一労働同一賃金を控えてる5年目の該当者なのでまだ様子を見る」と言って断っている。
それに、中小の正社員は元から待遇が低くても無期雇用化や同一労働同一賃金の対象外なので、やはり大手に居座っておいて結果を見てから判断したい。
2-2と比べると、全く1からでないのは利点。

2-2、全く関係ないところへ、普通に転職する。

無期雇用化で今の場所が何も変わらず、世の中全体が少しでも正社員化の動きがあった場合、より楽によりいいところに転職しやすくなるので、そのタイミングで転職する。
人手不足の影響で3年前より求人が増えているし。

2-3、同じ会社内で、今より待遇のいいところへ移る。

ことも考えるかも。

関連記事

追記と質問と自由コメントの欄