ランニング中に腹痛になってしまい・・・

パンツの中が過去最高に悲惨なことになったことにより・・・

・・・・・・・・・・・・・

 

いつもは、あった出来事を正直に書いてるけれど、

今回ばかりは概ね想像にお任せしたいと思う。

川に行くか、スーパーまで耐えるかの二択に迫られたが、

川にぶちまけてしまうべきだった・・

 

川に行くのも社会的にアレだったたのと、

優柔不断な性格のために、判断が間に合わなかったのだ。

 

腹痛

一番悲惨だったのが、

電車を待っている時で、

(社会的に死ぬのが)きついから、

「一刻も早く電車来てくれ、一刻も早く電車来てくれ」

「頼むから近くに誰も座らないでくれ」

 

と願い続けていたけれど、

同じ車両に、至近距離に誰も近づかなかったのが唯一の救いだった。