脚を痙って遅刻しそうになる

冷房を付けっぱなしにして寝たところ、

早朝6時50分に目覚ましをセットしていて、

シャワーを浴びてから出勤するつもりでいたが、

寝起きが悪く、伸びをしたところ脚を痙ってしまった。

それから、痛くて嫌になったのもあって二度寝。

 

それから、ハッとして、

また目覚めたときには既に、7時30分。

いつもの電車は行ってしまっていたが、

全力ダッシュで駅まで向かい、

キロ4ペースのダッシュで駅から2キロくらい離れた職場へ向かったところ、

汗塗れになりながらも、遅刻はギリギリ免れることが出来た。

脚が痙ったことは忘れていた。

 

若いときなら、目覚めたときには夕方とかも有り得たんだろうけれど、

ある程度歳を取ってからは、非常時代があってもちゃんと朝に起きれるようになったのが、成長したなと思う。

関連記事

トップページへ移動⇨

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く