ヘイジツマラソン 2018.11.7

1時間30分っておい…

ブログテーマ修正からも手が離れてきて、ハーフで1時間30分切れないのはヤバ過ぎる。

ポケモンとか資格検定がメインで、体力維持のためにマラソンしてるなら、遅いと言われても、うるせえ当たり前だわって感じだが、

マラソンがメインでやっててハーフ1時間30分はかなりヤバい。反省する必要がある。

身体的に病気でないかと疑うけれど、原因を考えてみた。

1、周回カウントを間違えてゴール前で立ち呆けた

8周かと思い、競っていた人を抜かしゴールまで行くも、この走りで1:18はおかしい。

かと言ってもう一周すれば1:30近いし、そんなに酷いのかと思い、ゴール手前で30秒硬直。

結局、競っていた人がもう一周行く流れただったので、やはり自分が間違えていたと気付く流れだが、立ち止まってから走り出した最後の一周がボロボロのヘタレで、競っていた人が見えなくなってしまった。

せめて、硬直した30秒が無ければ1:29ではあったが、庄内緑地のレースは周回が解らなくなりがち。

 

2、3日前のフルマラソンのダメージが残ってた

これが最も妥当。

1週間のインターバルならまだしも、フルマラソン走って二日後の大会。

本調子ならまだしも、フルマラソン2週連続で、

4時間30分→3時間30分→に上がってきてる段階なら、身体にはかなりの負荷がかかってるはず。

前に走っているというよりも、何とか維持してる感じではあった。

 

3、騒音トラブルで床を蹴りつけて故障した

大会中に痛みがなかったとしても、その時はかなり痛くて、

蹴った時に「痛い!」と声が出たので、影響があった可能性はある。

 

4、騒音トラブルによる不眠

昨日はスヤスヤ寝れたが、一昨日は全く眠れなかった。

その上、仕事を休むはずだったのに、無理して出社してしまい、メンタルヘルスにダメージを負った可能性。

睡眠不足のせいで、フルマラソンの疲れが取れなかったのでは。

 

5、アディゼロRCの限界

アディゼロRCはフル3時間30分向けの靴みたいなので、本調子だったとしても、この靴じゃこれが限界なのかも。

尚、アディゼロブースト匠をプレゼントして貰ったので、次週からは匠を大会用におろしたいと思う。

こちらも、相応のプレゼントのお返しをしなければいけない。

関連記事