寿司屋の寿司ランチ 1年前のクオリティがない

昨日の味噌チャーシュー麺ほどではなかったが、今日もイマイチな外食を食べてしまった。

寿司マンマン

寿司三昧というチェーン店だが、最近寿司マンマンに命名変更したらしい。

「マン〇マン〇だなんて…ちょっと食べれない」と知人も愚痴もらしていたが、名前が変わっただけで中身は変わらないだろうとの思いで入店。

本当は寿司ランチの方が安くてお得だと思ったものの、本日完売とのことなので、うどんランチに。

店名が変わる前も、うどんランチになってしまうことが多かったか。

今日のうどんランチ

見た目としては、今までのうどんランチとそこまで変わらないんだけど、中身が大幅点数ダウン。

点数ダウンの理由

左側の寿司に注目してみると、マグロ(いまいちな同じマグロ)×2、イカ(イマイチ)、いなりと太巻きはケチってるで、サーモンとカンパチだけがまともなレベル。

うどんも、海老のサイズがクオリティダウンした感じで、あんまり…。

正直言って、スーパーサンシやデパ地下で半額寿司を買い漁った方が、具材もシャリもハイクオリティだ。

ちなみに

1年前のうどんランチ

寿司ランチ

ちょっとこの写真ではわかりにくいかもしれないけど、ネタと海老の大きさ味などがかなり変わってしまった。

昔は高級感があったのに、今のは安物感が強い。

はぁ…。1年前はここの寿司ランチがごちそうだったのに、これが栄枯盛衰なのか。

関連記事

トップページへ移動⇨

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く