アルバイト採用通知を辞退した

店舗Aでの面接時に

店舗Aでの求人だったので、店舗Aに面接を受けにいった。

その後、「店舗B、店舗C、店舗Dでも働けないか」と言われ、

「店舗Bなら可能で、

店舗Cと店舗Dは・・厳しいものの可能です」とは返答した。

店舗A、店舗Bは交通の便が優れているものの、店舗C、店舗Dは交通の便が悪い。

 

1週間待って連絡がないので落ちたと思った

普通、バイトの面接で1週間も待つのは無いと思い、2日程度連絡無い状態で落ちた気でいた。

無事、ファミレスバイトの重圧から解放された・・・

と思っていたので、別の事に手を付けたりしていた矢先だった。

 

今日電話がかかってくる

携帯番号から、謎の着信音が・・・

「ブルルルル ブルルルルル」

この電話の思い当たる節を脳内で駆け巡らせた結果、

バイト面接先7割、間違い電話3割に違いない。

 

副業バイトを始めてしまうと、

落ちたと想定した状態から計画が狂うのは痛いが、

応募したのは自分自身なわけで断るのも申し訳ない。

内心断る断らない五分五分であり、ちょっとの話の文で流されそうな運否天賦の状態。

そんな際どい状況下で即決を迫られると、「あっあっあっあっ」となりそうだったので、

見過ごしの着信スルー

をやってのけた。

 

再度電話を掛けなおす

本当は嫌だったが、応募したのは自分自身の過ちだから、

ここはもう、ナガレに従おうと腹を括っていた。

「もしもし。ワタクシ〇〇の店舗Cの〇〇ですが・・・・」

あ・・・この勝負はもしや

もしも店舗Aか店舗Bであれば、断れる理由が無いが、

店舗Cなら移動手段の厳しさを理由に断ったとて異論の余地はない。

その勝機を逃すあいた氏ではなかった。

「申し訳ありませんが。店舗Cは移動手段が厳しいため、辞退させて頂こうかと思います。本当に申し訳ありませんでした」

関連記事

トップページへ移動⇨

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く