メンヘラ的パソコン解体行為

掲示板に書く/見る 2018-12-19

そろそろ、数年前に壊れたパソコンを処分しようと思っていた。

CDロムの部分が飛び出ており、電源も起動しない容態となっている。

ネットで調べたところ、リサイクルマークのついてないパソコンを処分する場合は、お金がかかるとのことだったその金額が…。

3000円って(泣)

いや、3000円出すのは余裕なんだけど、棄てるだけで3000円というのは納得がいかない。

何とかならないものかと思い、卑劣な手段を考えるあいた氏。

部屋の収納の中からマイナスドライバーを取り出した。

そのマイナスドライバーで、ネジを全部取り外した

大きけれパソコン粗大ゴミだが、物凄く細かく分解して、長い時間かけて棄てれば、

燃やせないゴミとして処理できるに違いない。

しかし、中のマザーボード部分を見て絶望。

これは解体無理だ…。

CDロム部が飛び出しているのもあり、一度分解したパーツを再びネジで締め直すことは出来なくなった。

仕方ないので、バラバラのまま袋に放り込んでおいた。

結局、時間をかけた挙げ句に、状態が更に悪くなっただけだった。


【前の記事】

【次の記事】

コメントを残す


PVアクセスランキング にほんブログ村