閉鎖病棟の牢屋のような環境(中学生の頃)

子供の頃に半年間閉じ込められていた牢屋同然の閉鎖病棟に関して。

かなり昔の話だけど簡単に書き起こしておこうと思う。

 

和式便所と部屋が繋がっている

排便後は、自分で流すことは出来ない。

自分自身を流そうとする転落して死のうとする人がいるためか。

流す際は、ナースコールで流すように伝える。

放置すると臭いがきつい。近付くときは息を止めていた。

 

出入口は鉄格子になっている

奥に扉があり、手前に鍍金の剥げた鉄格子の扉がある。

目的は雰囲気を出すため、立場を自覚させるためだと思われる。

脱出を試みて曲げようとしたり、剥がそうとしたりしたが、ビクともしなかった。

鉄格子

ワンルームの畳部屋

かなり狭い。言い換えればペット用の檻の人間バージョン。

真横にも鉄格子の部屋があって、奇声を発してる住人がいた。

テレビもないし、会話する人もいないし、歩けないし、行動そのものがほぼ規制される。

ペットが檻から抜け出したくなる気持ちがよくわかる。

 

冷暖房無し

刑務所以上に扱いは厳しい。

北海道の真冬だったので、早朝夜は寒すぎて布団にくるまっていた。

身体の弱い人は衰弱死するんじゃないだろうか。

寒い

 

飲み物はお茶しか飲めない

最初にペットボトルを一つ渡される。

お茶以外を飲むことは許されず、ペットボトルが空になった場合はナースコールで詰め替えてもらう。

ペットボトルの口の淵にお茶や食べかすが溜まっていき、不衛生。

ぬるくて汚い水でも、食事があまり支給されない以上は我慢して飲むしかなかった。

空のペットボトル

 

食事は冷えている

決まった時間に鉄格子の受け渡し口から配膳される。

食べ終えたら空の容器を鉄格子の受け渡し口に戻す。

 

入浴禁止

解放へ移るまで、入浴は一切禁止。

歯磨きも無ければ、爪切りも無い。

温水が危険に扱う人がいるためか、経費削減のためかは定かではない。

まだ子供の頃だったから良かったけれど、隣のオッサンは臭いがヤバくなってそう。

シャワー禁止

 

財布携帯は没収

現代は携帯電話は没収されないらしいが、平成時代初期はすべて没収された。(退院後は返却される)

当初は、スマホは存在しなく、携帯も普及し始めの頃で、自分は子供だったのでまだ持っていなかった。

携帯使用禁止

 

筆記用具の使用禁止

自分に突きさす人がいるので没収。

集中内観で使用する時は見張りがつく。

鉛筆

 

集中内観という名の洗脳

ラジオで宗教的な文言を喋ってきて、只管「はい」と答えるだけの洗脳をされるが、

抵抗すると入院期間が伸びるので、大人しく従っていなければならなかった。

洗脳

 

窓の外も鉄格子

落下防止の措置。

昔は転落して自害した人が多くいたと言っていた。

関連記事

トップページへ移動⇨

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く