NHKが57円値下げする模様

言わずと知れた取立て会社のNHK

国民の半数から2000円と見積もっても、国と結託して月200億円、年間2400億円徴収して、年収1000万越えNHK員の取り分にされる。

ワープアだろうが、病気持ちだろうが、テレビをもってなくても有無を言わず徴収してくる非道な奴等だ。

見ての通り、マラソンとブログ制作とエ□動画で忙しいので、テレビなんて観てる余裕はないので、当然NHK番組も二十年視聴してないが。

ヤクザのような口振りに気圧されて、仕方なく払っている。

 

2020年から57円値下げ

今まで1260円だった徴収額を1203円にまで値下げするようだ。

何故、57円の値下げなのか、巷ではあんだけ審議してたったのそれだけかと、お怒りの声が多い。

 

衛星契約督促状

現在、スマホにワンセグ機能があるからとうことで月1260円徴収されているが、

この前督促の紙が届き、月2000円ほどの徴収増額に協力しろと書いてあった。

督促状

その時に怒りぶちまけてグシャグシャになった紙の姿がこれだが、NHKとはまともにやり合ったら負けてしまうので、見なかったことにした。

 

57円値下げ契約時のリスク

57円の値下げをする時NHK員と会話することになるだろうけど、衛星契約を結ばれるリスクが高い。

会話してしまえば1260円契約を1203円にするどころか、衛星契約にされて2000円増額のリスク大なので、取り合わないようにしたいと思う。

関連記事

トップページへ移動⇨

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く