あいた 5/27
    これだけ叩かれて精神状態保てる(2カ月維持してる)というのは尋常なことじゃない。
    あいた 5/27
    何故、心身ボロボロになったかというと、自分の株が叩かれているのは、自分自身が叩かれてるようなものだからなのかも。まぁ、ここまで耐えたから、もう最後まで耐えるけど。
    あいた 5/26
    確かに、形勢逆転すると、バイオ関連は軒並み危機的状態になるだろうな。

副業バイト退職への序章曲

HOME

>

バイト

2018/12/31

漸く31日の11時間勤務、本業と副業バイトのダブルパンチを終え、帰宅の身支度をしようとしていた、まさにその時だった。

 

 

「明日も出れるかな~?」

あいた「(ウッ…)えっ… 明日…明日は うーん、ちょ、ちょっと…」

 

 

「えーと3日は…?」

あいた「みっ… 三日もちょっと……」

 

 

「それなら4日なら…?」

あいた「(4日ならまだマシか…)はい。大丈夫です。」

 

 

「じゃあ、あとは6と7で…」

あいた「えっ、あっ…」

 

これにて話が決着してしまった

29、30、31の副業バイト地獄を耐えたかと思えば、4、6、7に副業バイトが入った。

本業は31、2、3、5、7。副業が29、30、31、4、6、7。マラソン大会が6と、2019年序盤から超過密スケジュールだ。

ここに、マラソン練習、公募の応募などが入ってくると、休みという休みは朔日(ツイタチ)を置いて他には無い。

苦行の年末勤務を終えたかと思えば、年始からの副業バイト地獄が終わらないのか。

年末と年始だけが苦行ならまだいいんだけど、あまりにもこの状態が続くようなら、この副業バイトは退職するしかないかもしれない。

 

マラソンとの両立が不可能

副業バイトが2勤5休ならマラソンと両立出来そうだったが、今のペースは副業バイトが6勤4休ペースにされてしまっている。

こうなってしまうと、副業バイト以外の日を全てマラソンの練習にしても、マラソンより副業バイトの方が多く、マラソンを続けるのは不可能だと思う。

 

アイダホオジサンの情け

折角、まともな条件で面接に取ってくれた誼でもあり、アイダホオジサンの情けとして29、30、31は我慢して出勤した。

だがしかし、

 

仏の顔も二度まで

やはり、マラソンなどと両立出来ないなら、昼の仕事までもが無意味となってしまうので、退職するしか手はなさそうだ。

年末で一度目、年始で二度目として、次でオサラバしようと思う。

外からは、除夜の鐘が鳴り響いている。

HOME

自己責任論結局損益-5万と含み損-4万(220万円中) 2020/5/26 ゴールデンスライム配当金に逃げる方向性も 2020/5/23 エアーマン株で精神ボロボロ -7万 2020/5/21

バイト新着へ

レジ打ちGWは結局バイト出勤詰め 2020/5/6 アルバイト最初は苦痛だったゴールデンウィーク出勤 2020/5/3 レジうちテレワークどころか現場出勤をプラスαでお願いされるという 2020/4/27 退職今日もコロナ恐いからバイト辞めたい話。の続きがなかったw 2020/4/20 バイト先に退職希望の電話を入れたその結果 2020/4/19 退職バイト先に退職希望の電話をした 2020/4/19 仕事での失敗に気を付けるべきだった 2020/4/18