物凄い獰猛なカラス2羽

逃げても逃げても追い掛けてきて、

「あー!あー!あー!あー!」言って威嚇しながら、

頭上ぎりぎりを幾度となく掠めてくる。

頭上を掠めない時も、枝や電柱を突く、攻撃的な態度を露わにしている。

もしも、自分がカラスより弱い食物連鎖だったならば、頭や内蔵を突かれてコロサレていた可能性が高い。

カラス 襲われる

それでも、どうしても通過しなければいけない場所のため、襲撃される危機から逃れられなかったのだ。

ここで、二つの可能性が脳裏を過ぎった。

可能性1 近くに巣がある

これが最も可能性が高い。

自分が巣を、雛鳥を襲おうとしてる悪者と勘違いされて、攻撃の対象とされた。

可能性2 地震などの予兆

地震察知などの恐怖心でカラスが異常行動を起こした。

カラス以外の鳥の動きも忙しないようにも見えるが、被害妄想の可能性は高い。



可能性3 自分だけが攻撃された

カラスの目線フィルターで、自分だけが害のある生き物に見えた。

若しくは、カラス自身より弱い生き物に見えたので、カラスにイジメられた可能性。

可能性4 因縁の相手に見えた

カラスは人の顔を判別でき、数カ月記憶するらしい。

自分と似たような顔の男がカラスに酷いことをして、そいつと自分が勘違いされて攻撃された可能性。

今日以外にも最近、カラスに追跡されたので、共通の敵と見なされているかもしれない。

新着»

コメントを残す