🏠ホーム

騒音デブ男が、デブ女だった説が浮上

2019/9/17

上階の住人に関して

昔、痩せてる生活保護の男が住んでる時は静かだったんだが、

太ってる男に変わってから騒音が厳しくなった(と思ってた)

 

騒音の厳しい要素

1、謎の熱唱

深夜0時くらいには辞めるのでまだいいが、

楽器?みたいな音を出しながら思いっきり熱唱してくる。

(あんまり上手くない)

2、デブな足音

「ドンドンドンドン、ズシィイイイン!!!!」

「ドン!ドン!ドン!!!」

(ミシミシッ・・・ミシミシミシミシ)

「ガラガラガラガラ・・・ドーンッ!!!」

真上によく動くデブが住んでいるとそれはもう地獄。

地響きのような足音で、皿やコップがカタカタ揺れる。

狭い部屋ではないんだが、一人で家の中をそんなに動き回るのがちょっと理解できない。

え?野郎じゃなくて女?

過去に住んでいたアパートでは、

放火の青葉と風貌がそっくりな騒音野郎と、警察を交えてリアルに揉めたので、100%男なのに対し、

今回はその騒音野郎の姿を見たことがない。

想像で、どうせまたアイツみたいな奴だろうというのだった。

デブ女

今日は昨日に休日出勤した代休で休みであり、

ゴミを捨てに行った時。

(太ってる?)女が車に乗り込む姿が確認出来た。

それから、(ドン!ドン!)な足音が途絶えた。

 

姿を確実に捉えたわけではないし、買い物や用事の説もあるからナマポ疑惑は晴れないが、

騒音の主が女である可能性はかなり高まった。

まぁ、今の時代、女の方が男より気が強いとも聞くし、

太めで気が強い女の人は、それなりの音を発生させる生き物なのかもしれない。