借金ないのが自慢

知り合い「俺は借金が無いことが自慢なんや」

あいた「そうなんですか~」

あいたの心の中「この人は何を言ってるんだろう。借金なんてよっぽどな人しか手を付けないと思うんだけど・・・」

ローンで実際の貯金がマイナス

と思っていたら、現実は違ったのかもしれない。

負債と貯金

今現在、現実どうなのか解らないけど、基本的に30代40代は、貯金額より借入額(住宅ローン、車ローン、その他ローン)が上回っているという調査内容の記事もある。

みんな、高年収だと思うや否や、ローンを組むのが当然なのか?

就職世代やバブル世代の給料で仕事したことのない人間には解らない概念。

もう調査のソースによって書いてあることがチグハグだったり、国も政策のためにはズルい内容の調査結果を出してくるので(この前のボーナス調査なんて0.2%の大手企業の中の更にごく一部の調査だし)、

何が本当かはもうわからない節はあるが、貯金500万あってもローン負債で自分より実質の貯金が少ない人が存在するのは、まぁ事実だろう。

恐ろしい管理職切り

ここで楽しそうなのが、最近同一労働同一賃金の一環として行われている、45歳以上の管理職切り。

自分なんて、ずっと非正規雇用でボーナスも20万くらいだし時給制だから、ボーナスで返済するというのは有り得ないことで、他の非正規雇用の人達も強気で借入なんて出来ないだろう。

一方で、ちょっと自慢気に年収600万だか800万だか書いてる40代中盤の管理職が実は重たいローンを抱えてて、これから管理職切りにあって転籍か再就職にさせられて、ちょっぴり優雅風な奥様ブロガーみたいなのが、「ヒエー😱 ローン返せないわ」となるこれからの下克上を想像すると、なんか楽しい。