ホーム三重外食>12/30-13時

魚長 穴子天丼 感想・レビュー

三重県にある穴子の店、魚長に行くことになった。

普通店で売ってるのは中国産のペラペラ穴子だが、ここでは本物の穴子が食べられる。

本物なため、結構高めのラインナップなので昔は断念したが、会計親持ちなら安心だ。

丼ぶりメニュー

魚長フードメニュー

丼ぶりでは、穴子か海老かの選択。

ここの店は穴子が有名みたいなので、わざわざ海老を選択する人はそうそういないだろうけど、団体で来てて穴子が苦手な人は海老にするのかもしれない。

あなご一本天丼は穴子一本で、あなご天丼は穴子二本入っており、一本の方が下位互換。

自分は穴子天丼にした

まぁ、穴子天丼が最もリーズナブルな選択だろう。

どうせ行く機会もそんなにないし、親持ちだからケチってもしょうがない。

他にも、穴子寿司や、刺身御膳などが1500円前後で、たまに3000円くらいのセットもある。

アナゴミクス

隣の人は豪勢にアナゴミクス(アベノミクス風)、天丼刺身寿司のミックスを頼んでいた。

穴子天丼の感想

想像以上に一本の穴子がデカすぎた。

写真では解らないが、国産穴子だからか、想定外にデカい。

穴子天丼

穴子天丼

自分もそこそこ苦しかったが、父さんも想定外のボリュームでかなり苦しそうだった。

なかなか行けないせっかくの機会で一本は勿体ない気がする。

この量は、1.5本くらいが丁度いいのかもしれない。

穴子は確かに本物感があり、まぁ普通に美味しい。

ホーム三重外食>12/30-13時

最近の関連記事