ホーム»

外食本業

2020/1/25

新食堂で食べまくる男

昼の職場の新食堂がリニューアルオープン(半年ぶりに復旧)した。

仕組みの変化

これで、毎日弁当を職場に持って行く必要がなくなったけど、仕組みが昔と変わった。

食堂バイキング

昔…ワンプレート280円

今…バイキング制???円

小鉢60円メイン140円ご飯60円デザート60円味噌汁30円など(皿には既に中身が盛り付けられていて、皿毎に値段が設定されている。)

昔は、一律で280円だったのに対し、食べた分だけお金が掛かる仕組みになった。支払いは交通ICカード。

ご飯も小盛りなら20円引き、大盛なら20円増しと細かい設定に変化。

安く済ませようとしていたり小食な人なら280円未満で収まる反面、値段を考えなかったり良く食べる人は280円超えする。

抑えられない食欲

自分はというと、平均330円くらい使ってる。デザートも食べたいし、小鉢も美味しそうなら余分に取ってしまい、抑えきれない。

他の人は抑えてるか食欲のない人が多く、大体280円未満で抑えてる印象で、自分が周りと見比べて一番昼飯にお金を掛けてるくらい。

「あいたさんお金には厳しいのに、食には結構使うんやな」と言われる。

毎日280円か毎日330円かは、長い目で見れば一月1000円、一年12000円、十年120000円と差になってはくるけど、

やはり、美味いもんを食いたいだけ食うのが最優先だ。