🏠ホーム

二階の住人に致命傷を負わせる画期的な方法

2020/2/3

まだ生きていた騒音ニート

二階に住んでる騒音の酷いニート?が、地震発生時にぶっ倒れて凄まじい転倒音と共に逝ってしまい、孤独死したと思っていた。

震度1にしては轟音が凄かったから、転倒音の線が強いとみていた。

三重県直下地震

しかし、昨日の夜、副業バイトを終え帰宅したところ、彼の生存(騒音)が確認された。

地震にファビョってこけたにしろ、地震音そのものだったにしろ、致命傷には至らなかったのだ。

足音のズシズシ音は、昨日はやや控えめではあったから、少しは元気なさそうだったものの。

寧ろ死にかけたのはあいた氏

昨日、普段はならない、ボナラが止まらない現象にランニング中なった。

バイト先では、ボナラを我慢したため、ボナラガスが大腸と血液に逆流し、凄まじい肉体ダメージを受けた。

今日は、ボナラ現象はほぼ回復しており、お互いいつも通りになってしまったわけだ。

ここで、苛烈な必殺技を思いついた。

必殺。ボナラ大災害攻撃。

彼の鼻の穴にボナラの噴射口を直接あてて、1000発のボナラを喰らわせる。

それにより、彼の体内に有害物質を直接送り込んでしまえるのだ。

しかし、これだと芸に欠けるなと思った。

ボナラガス

1000発分のボナラの濃度とガスを圧縮して、1000回分の噴射を1回に集約するとどうだろう。

ガスによる臭気を考えずとも、ボナラ1000倍の圧力だけでも呼吸器を破裂させるほどの威力はありそうだ。

その威力はまさに必殺!!!