🏠ホーム

お金バイト

2020/3/2

確定申告の住民税は幾らなのか問題

言ってしまえば、NHKの徴収のようなもので、税金の追加支払いの危機を迎えている
(自分はテレビみないのにNHK払ってるから、それと比べたらマシではあるけど)

本業、副業、ブログのトリプルワークの状態だが、今年は副業バイトに対して確定申告をしなければいけない可能性が高い。

時給制の非正規雇用(=底辺クラス)なんだから、見逃して欲しいというか、他の奴から搾取すればいいのにが本音。

副業バイトは幾ら支払うのか?

本業では20万程度の給料から、35000円程度天引きされていて、その中に住民税8000円が含まれる。

まず、ブログはカスみたいな収益なので、雑所得でいいかとは思うけど、副業バイトは48万円の収入があり、これは払わないとお咎めを食らいそう。

給与明細を見ると、副業バイト先は住民税が引かれていない。

・・・

均等割と所得割

昼間調べてた頃は、月2000円くらい徴収されるんじゃないかと思いビクビクしていたが、

今改めて調べてみると、均等割と所得割というのがあって、

均等割は給料に関係なく払われる分で月5000円程度、所得割は給料に応じて払う分で給料により異なる。

均等割の方は本業で払っていて、均等割5000円、所得割3000円が本業だとしたら。副業の所得割は年収的に月500円の追加納税がいいところか(均等割は本業で払ってるから払う必要がない)。

月2000円も徴収されたら年間分24000円徴収されることになりかなり痛いというか今月は赤字確定だが、月500円の徴収ならダブルワーク分年50万で、年間分6000円程度のお支払い

まぁ、督促状にビクビクするか、6000円払うかで考えれば、6000円くらいなら仕方ない気がしてきた。(24000円なら逃げたかもしれないけどw)

早速、次の休みのバイト前に払いにいこうと思う。

いやしかし、今月黒字にしようと思うと、これ(血税)のせいでまた靴が買えないんじゃ・・・。