死体袋の恐怖と 致死率2%初期公表の謎

「中国 死体袋」などで検索すると、

どうやら、末期患者、重症患者を生きたまま焼却処分している疑いがあるらしい。

もっと恐ろしいのが、突然住居に訪れて検温されて、陽性になったら(被験者は暴れ狂いながらも、集団で無理矢理車に乗せて連行)、施設に封じ込め暫く弱らせて回復させず、最後は一斉に処理してる疑惑の動画も・・・。

死体袋

生きたまま処理されたら、確かに感染死者には含まれないな。

まさか、ここまで恐ろしいことになっていたとは・・・。

コロナで倒れることよりも、生きたまま死体袋や施設行きの方が遥かにヤバい。

 

日本で、日本の中で自分は不幸な方だと思っていたが、

この現実を知ってしまうと、些細なことで不幸を感じていた自分が申し訳なくなってきた。

 

しかし不思議だ。

当初は致死率2%と言われており、これが全て中国のデータで、自分もまんまと騙されていたわけだが、

自分は今だけ情報収集に躍起だが、普段から情報を知り得てる各国の専門家や学者なら、

ヨーロッパの致死率8%が正しく、

中国の数値2%がでっちあげなのは、早い段階で解っていたはずなのに、

何故、未だに中国の致死率が基準で、ヨーロッパが高いみたいな捉え方をするのかが謎だ。

まぁ、致死率2%ということにしておいた方が、混乱は避けられるんだろうけど、ずっと騙されていた気がして癪だ。

 

死者数に関しても、ヨーロッパが中国を上回ったみたいに毎日ドヤ顔で書いてるライターさんは、真面目にそう思って書いてるのか、書かされているのか・・・

ホーム»

記入欄»
    あいた 7/6
    ボルビック、販売終了らしい。
    あいた 7/5
    自分も結局つけ麺だった。
    Kつお 7/5
    ざるらーめん茹でてる
    Kつお 7/5
    そっか 少しは走ったほうがいいかもね
    あいた 7/5
    寝たり起きたり

次のコメントを開く»

ホーム»

精神ニュース»

新着↓
アベノマスクから異臭がして体調不良 阿鼻叫喚の生き地獄 2020/7/6 ひぐらし 羽入ひぐらし言祝し編「治療薬の戒め・在庫と争奪の話」雛見沢症候群→コロナに置き換えた考察 2020/7/5 注射【続】スパコン富岳が導き出した 有望コロナ薬 2020/7/4 注射スパコン富岳が導き出した 有望コロナ薬 アビガン?オルベスコ?フサン?イベルメクチン? 2020/7/4 お金ない7月 家計簿などシュミレート 2020/7/2