ホーム»

精神

2020/4/16

大会・仕事・株での、4つ持ち戦法

仕事系の4テーム 本業・副業・ブログ・株

という4つの仕事を持つ手段を取っている。

普通の人?なら一つのエキスパートになり、その道で生きていくんだろうけど、どうも自分はその考えに不安を覚えてしまう。

ある意味、不安症?なのかもしれないが、1つ一番好きなことをして、絶対にそこで勝てる自信がない。

例えば、アドセンスは何かの間違いで次の日に停止する可能性も有り得るし、仕事は失敗したりコロナ禍でクビも有り得るし、株なんて失敗する可能性の方が高いくらいだ。

好きで一つの道に突っ込んだところで、100%上手くいく保証はない。

収支が幾らかの問題ではなく、4種類武器があることが大事かなと思ってる。

1つ潰れることは有り得るが、突然4つ潰れることは、余程のことが無い限り有り得ない。

大会系の4テーム マラソン・ゲームorカード大会・俳句&川柳・資格&検定

また、同じように大会でも取り組んでも勝てる時期と勝てない時期というのが存在し、勝てない時期はいくらやっても勝てない。

それどころか、スポーツなら無理をすることで怪我をしかねないし、ゲームや文芸でも一極集中し過ぎて負け込むと鬱になってどんどん低落していく。

失態後の挽回としても、スポーツで怪我したんなら、怪我してる間はゲームの大会してればいいし、

ゲームで負け込んでるんなら、スポーツで気分転換しとけばいい。

怪我したお陰でゲームで勝てることもあるし、ゲームで負けてスポーツを始めたら案外上手くいったなんて、経験上ザラにある。

全部ある程度出来るようになっていれば、やりたい(勝てそう)な時、そこに配分を強く割いて、他は放置しておくことが容易だ。

株の4テーム 株1・株2・株3・株4

一極集中にしてしまうと、そこが駄目になったとき全てがおしまいになってしまう。

逆に、このようにして4つ管理して、1つ勝ってて、2つ普通で、1つぼろ負けなら、

勝ってるところを勝たせて、負けてるところを補填したり、普通くらいのところで強気な動きをする、

勝ってるところから道を切り開いて、負けてるところは長期的に放置するなど、

自分の考え一つで幾らでも取捨選択や失敗を挽回する行動が可能になる。

また、幾つか負けてても、一つ勝てたという実績を持つことは、精神的余裕にも繋がる。

しかし、管理が多すぎると管理が等閑になるのを踏まえると、全てにおいて4つが自分には丁度いいのかなと思う。