川柳句会参加以前の作句がゴミってる

今日は休日出勤だった。
風邪が治りかけで、くしゃみから腹痛に移行してきたので、今日もまったり文芸の作業。
とかいってこれから走るかも。
まぁ、昨日の作句もだったが、今日の作句は冴えていた

今月に入ってから考えた30句(俳句メイン)と、
9月に考えた30句を見比べてみると、後者の30句の方が圧倒的にゴミっている。
良くなった理由で考えられることと言えば、鈴鹿川柳句会に参加したことくらい。
それほど意気込みをもって参加してるわけでもないけど、句会のお陰で成長したということなのかもしれない。

9月に投句したのは規模の小さいコンテストが多く、10月11月が発表。
10月に入ってから投句したのは規模の大きいコンテストが多く、2月3月が発表。
つまり、今年いっぱいは駄目だ。
具体的に言うと、セルメ川柳、サラリーマン川柳、伊藤園俳句、赤十字俳句、愛媛スポーツ俳句、市民文芸祭、現場川柳などが自信あり。その他は終わった。何かの間違いで入賞してても、自己評価で駄目駄目な句だから複雑な心境になりそう。
マラソンは突然圧倒的に良くなる兆しがなく、徐々に上向きといったところだし、最近頑張ってるにしろ、年内はぼちぼちだろうな。
よって、年内で30回入賞に乗せるのはもう無理そう
今年の前半は、ネット廃人になってたり、婚活しようとしてたり、ネットで金儲けしようとしていたりして、完全に自分を見失っていた。

話を戻すと、8月~9月に投句した分に関しては、やはりどう考えても中身がゴミっていて、50句全没まであるんじゃないかと思えた
ただ、小さいコンテストが全没で、大きいコンテストで成果が出せるなら、寧ろ運が良かったかも。

関連記事

追記と質問と自由コメントの欄