2018.2.17

成功に囚われ過ぎていた過去とこれから

成功に囚われ過ぎていた

時に、成功者に対する、嫉妬や悪意のようなものが渦巻いていたけれど

“成功”に囚われ過ぎだったと思う。

 

一つ一つで考えれば

スポーツは二流三流だし、

給与は年収で言うと恥ずかしい程度だし、

ゲーム大会は全国大会で毎回負けてたし、

文芸も一回や二回上手くいっただけ。

 

しかし、成功出来なくなったものを切り捨てることで、可能性を放棄してきたとも言える。

また、成功者になることが幸福なのかは疑問に思う。

 

こうなったのは

“あいたさんはもう駄目だ”とか“やっても意味がない”とかネットなどで散在誹られてきたのを真に受けたのもある。

どちらにせよ、仕事とマラソン大会だけでは退屈だし意味がないので、成功と失敗に囚われ過ぎず、より多角的に動けるようにしたい。

ホーム(新着)へ»

コメントへ»

安倍首相記者会見安倍首相の会見そのものが「3つの密」濃厚接触な件 3/29 new 死体袋コロナが人だけではなく場所にも住んでいるという仮説 3/29 new ひきこもりしてゲームするも・・・ 3/28 new

精神»へ

人気記事へ»

怒りコロナのせいで人生終わったかもしれない 3/27 up 中国の大火災死体は700万~1000万体分?市民の怒りの声 掲示板より直訳 3/27 up 死体袋死体袋の恐怖と 致死率2%初期公表の謎 3/27 up タバコ問題コロナ禍なのにタバコ吸ってる奴・・・ 3/26 up コロナに汚染された脳内 3/25 up 救急車救急車、交通事故の異常増加 3/22 up 鍵の盗難鍵を盗まれたかもしれない 3/20 up コロナで死ぬリスクを回避する精神 3/19 up 鉄格子コロナ隔離は生命力がまず死ぬ 3/16 up