電車で女性に抱き着かれる

・電車で女性に抱き着かれる

 

朝、やや混んでいる電車の吊革に捕まっていたところ、電車が突然揺れた

次の瞬間、前にいた女の人が体勢を崩してよろめき、自分の腕に捕まってしまった

30年生きてきてこういう経験は初めてだったが、自分はかなり落ち着いていた。

抱き着く女性

 

女「ごっ。ごめんなさい」

あいた「いっ。いえ・・・。」

あまり直視はしなかったものの、20代中盤くらいかなと思ったけれど、

あんまり可愛くなく、ちょっと今一という感じだった。

体型は崩れていなかったと思う。

 

あいた氏のことなので、特にやりとりをすることもなく、普段通りに出社した。

 

 

・重油塗れのウエスがズボンに

 

1時間で終わると思っていた作業の終了時間が予想以上に長引いた。

昨晩は、悲劇がエンドレスする悪夢を見たため寝付きが悪く、

重たい睡魔が押し寄せていた。

待たない事にはしょうがないので、30分棒立ちだった。

眠くて眠くてしょうがなく、立ったまま眠りそうになったが何とか耐えきって、その作業も終わった。

 

と思いきや、風で重油(に似た液体)を拭き取って手に持っていたウエスが飛んでしまい、

ベタベタ、ヌルヌルした液体がズボンに直撃。

洗濯した直後だったのに残念!

 

更に、何か手に持ってるものが軽いと思ったら、バインダーに挟んであった用紙を見事に床にぶちまけていたのに、気付かなかった。

床に用紙を沢山ぶちまけたのに気付かなかった自分にビックリ!

 

みたいな事をしていたら、やっと目が覚めたのだった。

コメントを残す