閉店するジュエリーショップ

👴「わしの顔はシワシワじゃが、ダイヤモンドは、ほれ、ピカピカじゃぞ」

思い入れのあるジュエリーショップが閉店していた。

40年の歳月…

 

若者の賃金低下

今の働き盛りより40歳年上の世代は、結婚する時に貢ぎものとしてマイハニーなる女性に宝石の指輪を献上していたのだろうけど、

今のご時世は、非正規雇用、消費税増税化、年金掛金増加、学費の増加などが発現。

指輪を買うくらいなら一円でも貯蓄しないと、学費や生活費を賄えなくなってきているのもあり、

指輪文化そのものが衰退したのだろう。

 

購買層の人口減少

生涯結婚を一度も出来ない殿方が増えたり、若年層の人口そのものが減少していることにより、購買層そのものが減少している。

おじいちゃんだけは指輪を買うお金持ってそうだし人口も多いけど、おじいちゃんになってから指輪を購入して、おばあちゃんに永遠の愛を誓うのはちょっと違和感があるw

👴「わしの顔はシワシワじゃが、ダイヤモンドは、ほれ、ピカピカじゃぞ」

 

思い付かないけど、従来の年頃の男性向けではなく、高齢者向けのジュエリーを発売すれば、宝石業界も持ち直せるんじゃないだろうか。

関連記事

トップページへ移動⇦

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く⇦