恋愛における、誰と誰が付き合うかみたいなはなし

   

半年前のデジャブみたいな現象を見た。

昔のケースは当時者立場(これそのもの)で、

今回のケースは完全傍観者の立場なので、

意味合が違ってくる話ではあるが。

 

例えば、とあるグループで

男A 男B 男C

女D 女E

がいるとしよう。

 

こういうグループはサークルなどでありがちで、

男A男B女Dにあからさまに気があって、

女E男Bに気があるけど、男Bとしては嫌だったりするとしよう。

 

ここまでの情報を整理すると、

男A女D、もしくは男B女D

(男Bの妥協で)男B女Eが付き合う流れになると推測できるが、

 

男C女Dだけが突如付き合いだしたりするケースが多くて、度肝を抜かれてしまうw

その結果、自分自身は置いておいても、Bさんは?!Aさんは?!Eさんは?!みたいな疑念を抱く。

実は裏では男Cがかなり積極的に女Bに口説きにいったりしているんだろうけど、

自分はそういうところを見抜けないなと思った。

 

見抜けないというよりかは、更に言ってしまえばグループ間のコミュニケーション能力欠如?が恐らくあって、

仕事でのコミュニケーションは案外取れてる方なんだけれど、趣味やサークル繋がりでは、

人と人との恋愛沙汰が内々でどうなっているかを見抜けない面があるのかもしれない。

 

この表に見えない、裏の恋愛事情?みたいなのを見抜けない限りは、

人生で二度目の恋人を作るのは困難なのかなと思った。

 

まぁ、更に言ってしまえば、自分は何らかのグループに属しながらも、居ながらにして孤立。

中身の事を何も知らない疎外されている人間なのかもしれない。

それもまた、自分の心の闇の一つなのかな。

おすすめ関連記事

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

ナビゲーションリンク