7月の給料日と貯蓄から始まって、紙幣は紙切れ論で終わった日記。(順番入れ替えた)

4、お金なんて所詮

 

お金は大事であるという世の中の理念に従い、こうして貯蓄を頑張ろうとしている一方で、

紙幣なんて近代政治の失敗作でしかないという考えもある。

紙幣・お金は国などが国民を操る手段。

 

ここで、

お金の絶対価値がしっかりしている日本などの先進国が人口減少していて、

お金の絶対価値で生きてないアフリカなどが人口増加しているとなると、

日本などに於いて、

統治が、人の(人口の)繁栄が目的であるならば、絶滅に向かっているのは紙幣で国民を統治するのが失敗しているんだと思う。

人口を増やさないために多くの国民に紙幣を渡さない政策であるなら、統治は成功しているのかもしれないけれど。

”金があるから結婚できる、金がないから結婚できない”の中で生きてる先進国民より、

そこらへんに女がいたらずこばこ子孫を増やす太古人や原住民の方が遥かに幸せそう。

「金を持ってるから凄い、金を持ってないからダメ」、更には、

「金があるから生きれる、金を持ってないからしぬ」、という、

一般思想は本当はどうなんだろう。

という記事を書きつつも、普通に普通の日本人として人生を全うしそうだけど。

※先に、後で書いた内容をもってきたw

 

1、7月時点での貯蓄額

 

予想よりは増えて、7月25日時点では91万円となった。

ウルトラマラソンシーズンの始まる前にさっさと100万円キープに乗せたいところだけれど、

今月は、家賃二年更新支払い2万円と、火災保険更新支払い1万5千円があるのが痛く、赤字の可能性が高い。

次のボーナスでは確実に100万円になるだろうけれど、その前に終わらせたいところ。

 

2、貯蓄100万円になったら・・・

 

貯蓄を増やす方法として、

100万円キープとして、余剰金で積み立てNISAをするという手もあるものの、

一方で、貯金を殖やすことに無頓着になる可能性も無きにしも非ずかもしれない。

 

3、お金のことを考えることは・・・

 

今は、そこそこ必死になって、

通帳を眺めたり、アフィリエイトを監視したり、要所要所で我慢しているけれど、

そうやってお金に必死になってる日常は、

人生を楽しめていないというか、寿命を無駄にしている気もする。

目標はお金持ちになることではなく、あまり気にしない状態にもっていくことなのかもしれない。

関連記事

トップページへ移動⇦

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く⇦