チャット・ミクシィ・メール・ガラケーの衰退

現代:ツイッター・フェイスブック・ライン・スマホ時代より、

過去:チャット・ミクシィ・メール・ガラケー時代の方が面白かった。
(現在・過去共に他にも多々あるが・・・)

現代のSNS群は、多くの人と手軽に薄く関われる進化をした半面、

個人個人と密接に関わるのが難しくなってきている

裏を返せば、他の人も多くの人と関われているので、皆が大勢の人に少しずつ時間を割く形になっている

 

現代SNSはイイネ機能なんてものがついたが、これこそ多くの人と手軽に薄く関われる機能で、

過去形態である、「友人リクエスト」「メールメッセージ」と比べれば、

「イイネ」「DM」辺りは、軽く送受信されるためか、”何かがきた高揚感”があまり持てない。

 

過去群のSNSの中のチャットから今のところは人生で一度の恋人を作ることが出来たが・・・

現代の個人個人と密接に関わるのが難しいSNS形態では、恋仲になるような難易度は高まってしまった。

恋愛にしろ、友達にしろ、大勢と大勢でやり取りしあう以上、

その中で特別な存在になろうと思うとライバルが多く、よっぽど上手なやり取りをしたり、

執拗に連絡を取り合わなければ、すぐに他のライバルにもっていかれてしまう。

結果、写真・話術などでも謎の高度さが求められている気がする。

 

チャット・ミクシィ・メール・ガラケーの一部は人々の存在から薄れかけていたり、

若者の中には存在を知らない人もいるだろうけれど、

ガラケー→スマホの変化

は分かりやすいとして、

チャット、ミクシィ、メールは現在あるSNSツールの過去形態。

チャット→ツイッター

ミクシィ→フェイスブック

メール→ライン

といった変容をしている。

 

職場の知り合いには、ラインは絶対に無くならないと言っていた人がいたが、

過去、絶対に無くならないと思われてきた、

チャット・ミクシィ・メール・ガラケーが時間経過により衰退している以上は、

ツイッター・フェイスブック・ライン・スマホの衰退も時間経過がある以上は免れようがない。

ツイッター・フェイスブック・ライン・スマホの後継がどうなるかは見物かもしれない一方で、

個人的には、チャット・ミクシィ・メール・ガラケーのような小数対少数で密接にやり取りできる形態に戻して頂いた方が嬉しかったりもする。

チャット・ミクシィ・メール・ガラケーからツイッター・フェイスブック・ライン・スマホに進化する中で、

大勢対大勢かつ軽い付き合いに改悪されてしまったので、

ツイッター・フェイスブック・ライン・スマホの後継は更なる改悪しか期待できない。

関連記事

トップページへ移動⇦

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く⇦