24時間リレーマラソン神戸 6時間個人の部 52.7kmしか走れず

概要編

24時間リレーマラソン神戸大会の6時間個人の部に参加してきた。

6時間の部か、24時間の部なら寝るか寝ないで走り、百何キロくらい走れるかを競う大会。

24時間個人は135人程度の参加だった。

神戸24時間マラソン

神戸24時間マラソン

コースは1.7km周回。

24時間マラソン

24時間個人と24時間リレーマラソンの自前による睡眠及びエイドテント。

神戸24時間マラソン

公園内コース。

神戸24時間マラソン

熱中症が恐れられているが、ウルトラランナーにとってはチャレンジャ精神が刺激されるからか、寧ろ参加人数は例年より多いとのことだった。

 

レース編

結果

52.7km

順位

9位(8位まで入賞)

 

前半

20kmまではそれなりに軽快だった。

若い男の人と競り合っていたが、その男は途中でリタイアした模様。

その後、35kmまではそれなりに抜かれるも、60kmは行けると思っていた。

 

後半

バテバテのボロボロ。

思えば、セミウルトラ50km以上走ったのは合宿免許とポケモンはまり時期以降なく、かなりのブランクがあった。

ゾンビみたいに歩いたり、エイドの度に水を頭から何度もかけたり、ベンチで仰向けになったりと、これは酷いなまま残り1時間へ。

 

終盤

ここで、リタイアも考えたが、数え間違えていなければ49.3kmまで行ってる状態で、

走ればまた、ベンチとか水かぶりに逃げる可能性があるけれど、歩ききりなら安定すると踏んだ。

そこで、残り1周ラインまで2周回歩ききり、残り1周を全力ダッシュで滑り込み、最後また歩ききるというプランを浮かべた。

そうすれば、49.3kmに6.8km加算の56.1kmフィニッシュ。運が良ければぎりぎり入賞に滑り込めるはずだと。

歩いてる最中、まともに走れている人数を数えたが55km突破してそうな人は6~7人しかいない。

これならいけるはずだ。

かなりの勢いで歩き、無理矢理走り、歩ききりプランを達成。

しかし、終わってみれば52.7km…

二週分も数え間違えていたようで、しかも8位の人も52.7kmタイという結果。

関連記事

トップページへ移動⇨

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く