クルマにコロサレルところだった

「ズシャン!!」

歩道にてランニング中、50メートルほど前方でクルマが突然破裂したかのように見えたら、前面バンパーなどが飛んできた。

※モラリティを考慮して画像はなしにした。

 

状況判断

まず、自分は運良く事故のリスクから免れたのはわかった。

クルマは道路の中央部にいた。こちらの歩道側だったらかなりヤバかった。

男の乗った黒ワゴンと、女の乗った白いクルマの事故か、女単体の事故で、男の方は無関係には見えなかったものの、そそくさと逃走していった模様。

瞬時には、中の女が死んだりしてもおかしくないように見えたけれど、ワゴンの男はビビって怖くなっちゃったのかな。

全面バンパー破裂、エアバック起動、その他グチャグチャまでいってたものの、中の人は足はわからないけれど、生命的には無事だったらしい。

その後、警察、救急車などが順次到着し、大渋滞となった。

 

やはりクルマは好きになれない

昨日、今日と低速での事故だったから、誰かの死には至らなかったけれど、速度が倍だったとしたら中の人か、傍に生身でいた自分が死んでいた可能性は高いかなと思った。

クルマが衝突したときの破壊力は概ね速度の二乗に比例して増すので、速度が二番ならバンパーの吹き飛びは四倍。

自分の頭に当たって、殺されていたという可能性もなきにしもあらずといったところ。

こういうのを連続で目の当たりにすると子供の頃に抱いていたクルマへの強いヘイトが甦ってくるけれど、いずれそれに乗らなければいけないのか…。

関連記事

トップページへ移動⇦

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く⇦